【インタビュー】神栖市で元気よく暮らす子どもたち

神栖市は茨城県の東南端に位置し、温暖な気候や豊かな自然など、子育て世代にとって快適な環境が整っています。ここでは「第33回 かみす桜まつり」に訪れた神栖市在住の子どもたちにインタビューを行い、神栖市で日々楽しく暮らしている様子をお伝えします。様々な家庭で育まれる笑顔や地域の温かさが、神栖市の魅力と活気を物語っています。家族や地域の人々の思いやりが織りなす、神栖市ならではの元気な子どもたちの姿を紹介します。

■ 左:ちはるちゃん(6歳)右:こはるちゃん(9歳)

将来はモデルさんになりたいお姉ちゃんのこはるちゃん(9歳)と、アイドルになりたいちはるちゃん(6歳)は、児童館が大好き。一週間に1回は児童館に行っているそうで、外遊びをしたり、ぬり絵をしたり、たくさんのオモチャで楽しく遊んでいるそうです。

神栖市には児童館が7館もあり、乳幼児から18歳のお子さんまで、年齢や学校の枠をこえて楽しく遊べます。
児童館についてはこちらをご覧ください。

 

■ 左:ゆいくん 右:えんくん(6歳)

公園やプラレールで遊ぶのが大好きなえんくん。公園ではブランコや鬼ごっこを楽しんでいます。お家の近くに公園があることをとても喜んでおり、楽しそうに愛らしい笑顔で話してくれました。今年から小学1年生になったえんくんは、体育が大好きなのでがんばりたいそうです。また、弟のゆいくんもお兄ちゃんがインタビューを受けている間、ずっとそばでニコニコしていて、お兄ちゃんのことが大好きな様子が伝わってきました!

神栖市には実は100か所以上の公園があり、週末には元気な子どもたちでにぎわっています。
関連リンク:カミスミカ「この週末はどこへ行く?子どもも大人も楽しめる!神栖市のおすすめ公園4選」

 

■ あきとくん(5歳)

今年、年長さんになったあきとくんは、パパとお兄ちゃんと一緒に、いつも神栖中央公園で楽しく遊んでいるそうです。神栖中央公園にはたくさんの大型遊具があるので、とてもお気に入りとのこと。夏には家族で海にもよく出かけるそうで、市内の日川浜海水浴場がお気に入りスポットだそうです。そんなあきとくんに今年の目標を聞くと「たくさんお友達を作りたい!」と元気いっぱいの笑顔で答えてくれました。

関連リンク:カミスミカ「快水浴場百選に選ばれた美しい海も!神栖の2大ビーチをライフセーバーが徹底解説!」

 

■ 左:はるとくん(10歳)

はるとくんは元気いっぱいの男の子。はるとくんが住んでいる地域の近くには3つの公園があり、いつも兄弟姉妹そろって仲良く遊具で遊んだり、かくれんぼや鬼ごっこをしたりして走り回っているそうです。また児童館にもよく遊びに行くそうで、ドッジボールやサッカーを楽しんでいるとのこと。そんなはるとくんの将来の夢は「YouTuber」!はるとくんの弟たちや一番下の妹さんもとてもかわいらしく、はるとくんが普段からかわいがっている様子が伝わってきました。

 

■ 左:まかなちゃん(9歳)

インタビュー中、ちょっと緊張してシャイな感じだったまかなちゃん。普段から公園でよく遊んでいるそうです。習い事のダンスやピアノ、習字を頑張っていて、中でもダンスが一番好きで得意と自信たっぷり。夏には家族で日川浜海水浴場にもよくお出かけするとのこと。今年、小学1年生になった弟さんとは、よくケンカもするようで… 「どっちが悪いの?」とケンカの理由を聞くと「両方…」という気遣いある答えのできる、ステキなお姉ちゃんでした。

神栖市での子育ては、豊かな自然と共にあり、行政や地域の人々の支えと温かさが息づいています。これからも子どもたちが元気に成長し、明るい未来を切り拓いていくことを願っています。

そんな子育てしやすいまち神栖市の魅力をもっと知りたい方は「かみす移住・子育てさみっと」の他のコンテンツもお楽しみください。

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP